ハイヤーという乗り物について

ハイヤーとよく比べられるのが、タクシーです。普段の生活のなかで、タクシーはよく見かけることがありますが、ハイヤーはあまりお目にかかることができません。それは、ハイヤーが完全予約制であることもありますし、タクシーは街中でお客さんを待っているのを見かけることがあるからです。

ハイヤーに使われているのはいわゆる高級車。黒塗りの高級車はしっかりと磨かれ、室内も最高の状態に清掃されており、贅沢な気分に浸れます。使われている車両の違いが、タクシーとの違いで一番分かりやすい点です。また、タクシーは利用者を目的地まで送り届けることが仕事内容に対し、ハイヤーは利用者を目的地に送り届けることにプラスして、あらゆるサービスを提供します。乗務員に気品があふれており、サービスが心地よいと感じずにはいられません。

料金については、タクシーは距離で決められていることがほとんどですが、ハイヤーは複雑な料金体系となっています。もちろん、ハイヤーも距離に応じて料金が変わりますが、それにプラスしてどのくらいの時間なのかも考慮され、使用する車両によっても変わってくるのです。また、1回限りのスポットと呼ばれる利用方法以外にも、短期契約や長期契約といった複数回の契約方法もあるため、料金はひとことでは言えないところがあります。まずは、電話をかけたり、ホームページから見積もりを依頼したりするという方法が一般的です。

これに対してタクシーは予約をすることもありますが、基本的には駅の近くもしくは、街中で拾って乗るという方法が多く、1回限りという場合がほとんどです。今のご時世、感染症対策について気になる人がほとんど。もちろん、ハイヤーでは多くのお客さんが利用するため、感染症対策はしっかり行われています。乗車前の消毒から、車内における対策まで万全を期しているので、依頼者も安心です。

また、海外からのお客さんに利用されることも多いため、乗務員は英語を中心として、外国語の基本的な会話を習得しています。多くの会社では、乗務員を対象に勉強会を開催しており、さらなる語学力の向上に努めています。乗務員は、語学力だけではありません。お客さんに応じた適度な距離感をおいたサービスができるかどうかも身に着けています。

現在、ハイヤーはあらゆる場面で利用されています。空港への送迎はもちろんのこと、大企業や外資系企業の役員の送迎、毎日の通勤に長期契約というかたちで利用することもあります。通勤の長期契約は車両だけではなく、乗務員込みのサービスです。休日になれば、ゴルフ場への送迎なども行われるため、ハイヤーが生活の一部になっている人もいます。

また、海外から日本に訪れる観光客がハイヤーを観光目的で使うことも珍しくありません。英語をはじめとする外国語を使って観光案内してくれるので、土地勘のない外国人には喜ばれます。このように、いわゆるVIPが利用するものと思われがちなハイヤーですが、最近ではサプライズとして記念日に利用するという方法もあり、プロポーズや誕生日、ベビーの誕生などあらゆる場面で企画込みとして利用されています。この場合は、事前の打ち合わせなど綿密な計画が必要であり、大切な日をさらに盛り上げるためのお手伝いをするための、乗務員の企画力も問われるのです。

ハイヤーとは、自分が利用するために使うこともあれば、大切なお客さんに対して失礼がないように使うこともあります。このような使い方はタクシーではあまり見られない使い方であり、ハイヤーのあらゆるサービスや乗務員のおもてなしの気持ちが現れているからこそです。時代の移り変わりとともに、サービスや利用方法は幅広くなるだけではなく、利用しやすくなっています。

NEW TOPICS

2021年02月23日
ホームページを更新しました。