ハイヤーに使われる車種と気になる料金とは

ハイヤーというと、タクシーより確実に料金が高いことは予想が付くのですが、どのくらい掛かるのか想像がつかないかもしれません。ハイヤーそのものがタクシーと比べると身近な乗り物ではありませんし、これまで一度も利用したことがないという人がほとんどだからです。

ハイヤーに使われている車種は、サービスを行っている会社によって取り扱い車両が違うものの、その多くが国内有名メーカーの黒塗りの車両、世界的有名メーカーの黒塗りの車両となっています。セダンタイプから、ミニバン、バンまで利用する人数に合わせて車両を決定することがほとんどです。もし、人数が少なくてもミニバンやバンを希望されるという場合は、ハイヤーサービスの予約の際に相談されることをおすすめします。

車両内において、全車共通の標準装備品があります。Wi-Fiルータやスマートフォン充電器、ミネラルウォーターは、どのハイヤーサービスを依頼してもほとんどが車両内に標準装備されています。このほかに何か必要なものがあれば、予約時に問い合わせるようにしてください。できる限り、お客さんの意見に添うように乗務員が考えてくれます。

ハイヤーの料金については、乗務員の拘束時間が最低時間数決まっており、それに距離の長さ、使用される車両によって決定します。また、空港への送迎や、ビジネス関係での利用、サプライズなどの企画、利用される用途によっても金額が異なります。料金は複雑な要件が絡み合っているので、事前に公式ホームページから見積もりを依頼するか、メールでの問い合わせ、電話で直接問い合わせるようにすると安心です。もちろん、見積もりは無料で可能です。

今の状況でどのプランを選ぶのが最適なのか分かりにくいこともあります。その場合も、遠慮なく相談することによって、最適なプランの提案をしてくれたり、一緒になって考えてくれたりします。

ハイヤーサービスを取り扱う会社によっては、希望によっては乗務員の面接ができる場合もあります。短期、もしくは長期的な契約という場合は、どのような乗務員なのか気になるのは当然です。特に、会社の要人のためにハイヤーサービスを依頼するという場合、やはり乗務員は気になるのが当然です。やはり、どのような場合でも相性というものがあるので、不安な部分は遠慮無く相談された方が安心を得られます。ハイヤーサービスは、決して料金も安価というわけではありませんので、しっかりとした契約書を交わし、納得した上での契約締結です。利用する側は、疑問点を残さないことが大切です。