ハイヤーの新型コロナウイルス対策とは

日本でも新型コロナウイルスによる感染の波が幾度となく押し寄せており、いつ誰が感染してもおかしくありません。とはいえ、外出をしない、永久に自粛した生活を送るというわけにもいきません。やはり大切なのは、感染防止対策をしっかりと行っていくことだと、多くの人が感じているところでしょう。その点においてハイヤーは、できる限りの感染防止対策が行われているのが特長です。

当然ながら、大切なお客さんを預かる立場であるため、常に健康面は留意しなければなりません。健康観察、検温、うがいや手洗いをしっかりと行ってから、乗務員としての任務を遂行しています。

また、殺菌のために次亜塩素酸ナトリウム液を使用していることも多く、さらには、オゾン発生器を使った車内消毒や殺菌を行うハイヤー会社が増えています。このオゾン発生器は、空気清浄機と比べると、新型コロナウイルス対策として万全なアイテムです。一方で、乗務員のマスクの着用はもちろんのこと、もしお客さんがマスクを持参されていないという場合も、しっかり準備しています。

車内は密な空間になりやすいので、飛沫防止フィルムを設置しているハイヤーは多いものです。会社によっては、ただフィルムを設置するというだけではなく、しっかりしたものを設置しています。最高のサービスを提供するハイヤー会社だからこそ、このような感染症対策に手抜きはありません。さらに、頻繁に車内換気を行うこと、乗車する前にお客さん用に消毒液を用意するなど、感染症対策を徹底しているところも多くあります。

海外からの帰国者を空港へお迎えにあがるというサービスの場合は、空港でのPCR検査や抗原検査の結果によっては、ハイヤーをキャンセルすることもあるでしょう。そのキャンセル料の発生の有無も同時に、利用するハイヤー会社に詳細を問い合わせるようにしてください。

ハイヤー会社には高級車が数多くあり、なかにはミニバンやボックスタイプの車両も準備しています。どのような車両であっても、行う感染防止対策に違いはありません。乗務員、車両、お客さん、それぞれが健康で安心できる状態であるために、ひとりひとりが感染症の怖さを知り、あらゆる場面で感染症防止のためにできることをやっていくことが必要です。

厚生労働省のホームページでは、感染症対策に関する基準を満たしたハイヤー会社が紹介されています。感染症対策を客観的に評価しているため、参考にしてください。