ハイヤーを使った観光のメリット

ハイヤーを観光に利用するという方法もあります。ハイヤーに乗るというのは、日常的にはあまりないことなので、観光という非日常的なイベントに利用するのはピッタリです。観光に利用するのは、外国人の観光利用と思ってしまいがちですが、日本人の利用も意外と多いものです。

足の悪い高齢の親と同居している家族が、観光タクシーを利用するというパターンがあります。運転だけであれば、同居する家族もできるのですが、観光案内となると一般的にはできないものです。プロであるハイヤーの乗務員にお願いすると観光スポットの説明から、食事をする場所についての相談、無理のないスケジュールを組んでもらうことができます。また、自家用車が足の悪い高齢の親には狭かったり、乗り心地が悪かったりすることも想定されます。このような場合も、多くの車両を準備しているハイヤー会社であれば、柔軟に対応することができるというメリットがあります。

どのくらいの時間を観光に充てるかというのは、3時間程度を希望している場合もあれば、半日、1日、宿泊などさまざま。また、観光を希望しているエリアも、東京23区内、東京近郊、箱根や富士山方面、あらゆる観光パターンを聞きながら、プランの作成と調整を行ってくれます。足が悪い場合は、何度も車から降りて観光するのは難しいことが予想されるので、車窓から景色を見たり、観光スポットを案内したりというパターンにするなど、依頼者側の状況もしっかり組み込んでくれます。きっと、家族に喜ばれる旅行となるはずです。

また、ハイヤーを観光に使うというパターンは、地方から東京に観光に来たファミリーが利用することもあります。無駄のない観光地巡りをしてくれることや、慣れていない東京もしくは、東京近郊の運転を任せることができ、観光地の案内、記念写真の撮影など多くのメリットが見られます。同じようなパターンとして、地方から東京に修学旅行にきた中学校や高校の観光地巡りを学校側が依頼することもあります。観光といっても、利用する側の状況はさまざまであり、日常の延長としての利用することもありうるのです。

ハイヤーを観光に使うというパターンで一番多く見られるのは、外国人の観光です。日本の土地勘も観光地巡りも詳しくない状況なので、ハイヤーを使うとそれらの問題をすべて解決してくれます。ハイヤーの乗務員は英語を中心として、外国語の習得をしていることが多いので、観光案内や日常会話レベルにはしっかりと対応してくれます。また、安心して運転を任せることができるため、心強い存在です。